プロバイダ選びのコツ

基本から裏技まで プロバイダ選びのコツ

普段インターネットは使っているけど、プロバイダを選ぶとなるとどう選んで良いのかわからないという方は多いはず。ここでは以下の三つの切り口でプロバイダの選び方のコツをご紹介します。

  1. 基本編:自分の利用スタイルに合わせて選ぶ!
  2. 応用編:料金をしっかり比較して選ぶ!
  3. 裏技編:本当にお得なキャンペーンで選ぶ!

基本編:自分の利用スタイルに合わせて選ぶ!

あなたはADSL派?それとも光ファイバー派?

ADSLと光ファイバーの大きな違いは速さです。携帯電話の料金プランのように、最も自分のスタイルに合ったサービスを選ぶのがコツ。

ADSLの特徴

気軽にADSL。速度は1Mbps~50Mbps程度。用途はメールやネットサーフィンで適度に速ければ良い。

ネットサーフィンやメールが主体で手軽に使いたいという方にはADSLがお勧めです。

日常の利用にはADSLで十分なことも多く、安価で余計な工事が無く、すぐに利用できることもADSLの特徴です。

ADSLの中でも一番安いプロバイダを選びたい方はADSLの料金比較

光ファイバーの特徴

とことん光ファイバー。速度は100Mbps。用途は映画鑑賞や音楽のダウンロードで速ければ速いほど良い。

インターネットで映画や音楽など視聴するなど、容量の大きなファイルをやりとりしたい思っている方には大容量で干渉を受けにくい光ファイバー回線が最適です。

また、光ファイバーは利用する場所に応じて、ホームタイプかマンションタイプを選ぶ必要があります。マンションタイプが適用できないマンションの場合はホームタイプになりますが、マンションタイプに比べ割高になります。

光ファイバーの中で一番安いプロバイダを選びたい方は光ファイバーの料金比較

応用編:料金をしっかり比較して選ぶ!

実際の支出はいくら?2年間や5年間で比べる理由。

当サイトの比較ページでは1年間・2年間・5年間の料金と速度で比較しています。プロバイダにかかる費用を比較する際には、2年間や5年間で比べるのがコツ。

月額料金3000円のA社と月額料金5000円で5ヶ月分無料のB社では、1年間ではB社、2年間ではA社がお得(いずれも初期費用無料の場合)。

プロバイダを料金で比べる時、実際に1年2年と使った時の費用を考えずに加入すると結果的に高くついてしまう事も多々あります。

例えば、1年間の利用料金だとキャンペーンの無料期間なども換算されるため、2年目との金額の差が大きくなってしまいます。

さらに賃貸にお住まいの方は一般的に契約更新が2年ごとですので、引越しでプロバイダが変わってしまう可能性も考慮に入れる必要があります。

また、持ち家の方など長期間プロバイダを変える予定のない方は、5年間の料金で比較してみると、1年間2年間での費用と差が出ることがあります。

これらの事から、2年間や5年間という期間で費用を比較すると、実際の支出を計算しやすくなります。

賃貸なら更新に合わせて2年間の料金での比較表

持ち家の方は長期間で5年間の料金での比較表

裏技編:本当にお得なキャンペーンで選ぶ!

プロバイダで実施中のキャンペーン+限定キャンペーンで更にお得に。

キャンペーンを利用するなら、限定キャンペーンを利用するのがコツ。

限定キャンペーン適用例

無料期間や初期費用無料などのキャンペーンは各プロバイダで実施しているので、これだけを比べていてはどこが本当にお得なのかわかりにくいものです。そこで、当サイトで実施中の限定キャッシュバックキャンペーン等をプラスすれば更にお得になり、本当にお得なプロバイダが一目瞭然になります。

プロバイダで実施中のキャンペーン+限定キャンペーンでお得なプロバイダを選び、そのプロバイダから自分の利用スタイルに合ったサービスを選ぶのが、当サイトがおススメするプロバイダ選びのコツです。 また、当サイトの2年間の費用は、全て限定キャンペーンが反映された金額になっていますので、料金比較のページからも探すことができます。

また、通信費全てを考えるなら電話代もコミで比較するのもコツ。メタルプラスなどNTT以外の回線ならトータルの通信費が安くなる可能性があります。

お得なキャンペーンで選びたい方は特典割引額での比較表

プロバイダ検索

インターネットの仕組みと選ぶ時のポイントをお教えします!

インターネット回線シェア率調査結果

たいせつにします プライバシー