質問と回答

IP電話と普通の電話(NTTの固定電話)の違いは?

IP電話は、インターネット回線を利用したサービスです。

IP電話は、インターネット回線を利用したサービスで、大きく分けると「050IP電話」と「光IP電話」の2種類があります。
※プロバイダや回線事業者によって独自のサービス名称で呼ばれている場合があります。

「050IP電話」も、「光IP電話」も、「IP電話(インターネットプロトコル電話)」の一種で、ADSLや光ファイバーといったブロードバンド回線を利用した電話サービスです。そのため、NTTの固定電話とは違い停電が起こると通話ができなくなってしまいます。

また、それぞれの特徴として
「050IP電話」は、プロバイダから050-××××-▲▲▲▲といった電話番号が割り当てられます。提携しているIP電話サービス同士では、通話料が無料になるのが大きな特徴です。
ただし、「110」や「119」などの緊急通報用番号や一部のフリーダイヤルなどの番号へは電話をかけることのできない場合があるので注意が必要です。


「光IP電話」はNTTの固定電話(一般の電話回線)のように、0AB~J番号(東京の場合は03)などが割り当てられます。光ファイバーの回線事業者ごとにいろいろなオプション(転送サービス等)も用意されていますので、詳しくは検討しているプロバイダのホームページでご確認ください。

解決しない場合は下記のいずれかにお問い合わせ下さい

当サイトからの申し込みに関してのお問い合わせ

価格.com プロバイダーナビ専用ダイヤル 0120-294-222 (受付時間 10:00 ~ 21:00 土日祝日も可)

例)

  • 光ファイバーマンションタイプに申し込みたいが自分がタイプ1とタイプ2のどちらにあたるかわからない
  • 住んでいるマンションにどの光ファイバーが導入されているか知りたい

上記以外のお問い合わせ

プロバイダお問い合わせ一覧

例)

  • サービスや料金に関するお問い合わせ
  • メールアドレスを変更したい
  • プランを変更したい
  • 解約やお引越しのお手続きをしたい
  • 無線LANの設定方法を知りたい

(※現在ご利用中のサービスや当サイト以外からの申し込みに関するお問い合わせを含みます)

プロバイダ検索